看護師

山川 玲奈RENA YAMAKAWA

中途10年目 / キャリア13~14年

看護師 / 宮地病院

看護師のやりがい

看護師は患者様のご家族とも関係が密なので、ご家族含めて患者様の回復の過程を見届けることができるのは看護師ならではのやりがいだと思います。一つひとつの会話を大切に、看護師として今何ができるかを常に考えて取り組んでいます。そうすることで、「今後はこうしていこう」といった改善点も見えてきますし、やりがいにも繋がります。こんなにも「ありがとう」と言ってもらえる仕事はなかなかないと思いますから、これからも患者様の感謝に見合う看護をしていきたいですね。

新しいことに積極的に挑戦する

以前、「ユマニチュード」というケア技法を学ぶ機会をいただきました。簡単に言えば、危険だから歩かせないのではなく、どんどんチャレンジして元の生活ができるまでサポートするというケアです。その技法を用いて、ずっと寝たきりだった人が最終的に歩いておられるのを見て、現代の技術に感動しました。これから病院への導入を検討しているそうなのですが、新しいことを積極的に取り入れようとしている姿勢も明倫会の魅力です。最先端の技術が学べるのでスキルアップも期待できます。

女性の働きやすさ

前職も看護師をしていて宝塚まで通っていたんですが、結婚をして子どもができるとなると、通うには少し不便だと思い転職をしました。明倫会は子育て支援を大きく掲げており、母になる私にとってかなり好印象だったんです。実際に入職してからも前評判とのギャップはなく、周りのスタッフさんの中には結婚・出産を経験されている方が多くおられ、仕事と子育ての相談にもよく乗っていただき、安心して働くことができました。今は子どもも大きくなり、休日に家族で過ごすことができています。ワークライフバランスもばっちりです。