グループ概要

HOME | グループ概要 | 看護部TOPページ | 看護部 部門紹介

看護部 部門紹介

明倫ヘルスケアグループの各病棟を紹介します。

 

宮地病院(ホームページはこちら)

 

2階 医療療養病棟

【施設基準】

  病床数 44床
  看護職員の人員配置 患者様20人に対し1人の看護職員の配置(20:1)
  看護補助者の人員配置 患者様20人に対し1人の看護補助者の配置(20:1)

【病棟の特徴】

 医療療養病棟とは、急性期医療の治療を終え、引き続き医療提供の必要性のある患者様を受け入れて医療、看護、リハビリを提供している病棟です。チーム医療を通し、在宅復帰に向けて個別に合わせた様々な支援を行っています。
 また、終末期にある患者様を受け入れ、本人の尊厳を保つと共にその人らしく安らかな最期を迎え入れられるよう多職種一丸となってサポートしています。看取りを終えた患者家族に対し、医療者との交流会を実施し、最後まで患者家族にも寄り添いながら今後の看護にも生かしています。患者様が寝たきりにならないよう離床を促し、レクレーションを取り入れ、入院生活にメリハリをつけ、精神的肉体的苦痛を最小限にできるよう取り組んでいます。

宮地病院2階image写真

 

3階 一般病棟(地域包括ケア病床8床含む)

【施設基準】

  病床数 44床 (一般病床 36床  地域包括ケア病床 8床)
  看護職員の人員配置 患者様10人に対し1人の看護職員の配置(10:1)

【病棟の特徴】

 一般病棟は、内科、整形外科の急性期医療の提供とレスパイト入院などあらゆる病期の患者様を受け入れております。病気の治療と並行して、可能な限り早期からリハビリテーションを行い、病状の回復だけでなく、早期に在宅復帰できるよう多職種が連携し、支援しています。
 また、症状が安定したあとも、退院に不安がある患者様の在宅や施設復帰に向けた支援を行う目的の地域包括ケア病床も有しています。あらゆる病期の患者様に、安心安全な入院生活を送っていただくことはもちろん、ユマニチュードの活用などにより、お一人お一人に寄り添そった看護が提供できるよう努めています。

宮地病院3階病棟

 

本山リハビリテーション病院(ホームページはこちら)

2階・3階 回復期リハビリテーション病棟

【施設基準】

  病床数 80床 (2階40床、3階40床)
  看護職員の人員配置 患者様13人に対し看護師1人の配置(13:1)
  看護補助者の人員配置 患者様20人に対し看護補助者1人の配置(20:1)

【病棟の特徴】

 回復期リハビリテーション病棟は、日常生活動作の向上と在宅復帰を目標として、脳疾患・大腿骨頚部骨折・胸腰部骨折などの疾患の患者様の在宅復帰を目標に、個々のレベルに合ったリハビリを集中的に行う病棟です。
 食事・更衣・整容・入浴など起床から就寝までを看護師・介護福祉士・セラピスト(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)が協働し、患者様を中心にしたリハビリを行い日常生活の早期自立を目指しています。ベッドサイド、病棟のリハビリ室、5階のリハビリホール、屋上庭園などいろいろな場所でリハビリができます。また、全室個室によるプライバシー確保とゆとりの空間で、心の癒しを提供しています。

本山リハビリテーション病院2階病棟.jpg

 

4階 障害者一般病棟

【施設基準】

  病床数 40床 
  看護職員の人員配置 患者様10人に対し1人の看護職員の配置(10:1)

【病棟の特徴】

 障害者一般病棟とは、厚生労働大臣の定めた状態(神経難病・重度の肢体不自由等)に該当する患者様を概ね7割以上入院していただく病棟です。
 「障害があっても、自分らしく生きる」ことを目標に、進行性の疾患や改善の見込みの少ない状況であっても、患者様がリハビリテーションを積極的に行えるように多職種が連携して日々支援をしています。
 また、急性期病院からの新規の紹介患者様の在宅復帰、在宅復帰後のリハビリテーションの評価、レスパイト入院等も受け入れて継続看護に力を入れています。

本山リハビリテーション病院4階