HOME | 明倫ヘルスケアグループとは | 先輩の声 | 介護福祉士として働く先輩の声

介護福祉士として働く先輩の声

本屋敷 由衣YUI MOTOYASHIKI

中途2年目 / キャリア約20年 / 新卒老健あずさで18年

介護福祉士 / ぽー愛特養 / ユニットリーダー

長く働くことができた理由

学生の頃、体を動かす仕事がしたいと思い先生に相談したところ、教師と介護士を勧められ、自分の適性を考えた上で介護職に就きました。そこから学校の奨学金などの返済を考え、まず5年は働こうと心の中で決めていたんです。5年続けるころには仕事にも慣れ、スタッフとの信頼関係も築かれていて自分にとって働きやすい環境になっていました。その辺りから仕事が上手く回せるようになり、いいサービスを利用者さんに還元することができている実感もあって、それからずっと継続してやりがいを持ちながら働くことができています。

発言しやすい風通しの良さと改善点

若手職員が積極的に発言できる風通しのいい環境もあってか、グループ全体を通して良好な人間関係が築かれていると思います。一方で、また難しいのも人間関係です。私は明倫ヘルスケアグループで約20年働いていることもありこの法人の体制に慣れていますが、中途で入職される方の中には今までと違う環境の中で働くことに違和感を持つ人がいるのも事実です。そこで私たち既存スタッフが発言しやすい雰囲気をつくり、多くの職員の意見を取り入れながら改善していければ、より良い法人になっていくと思いますね。

若手職員の教育について

私は現在、ユニットリーダーという立場なので、若手職員の育成にも携わっています。私が指導をする中で気を付けているのは一人ひとりの性格に合わせた教育をするということ。自分のやり方を押し付けるのではなく、その人に合ったやり方を提案することで、最終的に利用者様へのサービスの質が向上すると考えています。私自身、他の法人を経験していないということもあり、視野や考え方が閉塞的になりがちです。なので、新卒・中途関係なくどんどん意見を交換して高め合いながら働ければと思います。

この職種の採用情報はこちらをご覧ください