理学療法士

深川 恵美利EMIRI FUKAGAWA

中途1年目 / キャリア4年目

理学療法士 / 本リハ病院

理学療法士を目指したきっかけ

中学生の頃、バスケットボール部に所属していました。あるとき怪我をしてしまって入院することになった際、女性の理学療法士の方が担当してくださったんです。
幼い頃から人の役に立つ仕事がしたいとう想いがあった私にとって、理学療法士はとても魅力的な仕事で、高校入学を機に本格的に理学療法士を目指すようになりました。現在理学療法士として働き、患者様に笑顔や感謝の言葉をいただけた時に、この仕事をしていて良かったと思います。

理学療法士としてこれからできること

理学療法士は患者様の身体機能の改善を図り、住み慣れた環境でその人らしさの生活の再現を目標としています。症状がよくなればおしまいではなく、再発予防をすることも大切です。これまで担当させて頂いた患者様が、以前の様に歩け、再びその人らしく生活を送る事ができた時にとても嬉しく思います。
リハビリは本当につらいもの。私たちが患者様の気持ちに寄り添い、携わることが重要だと思っています。

働きやすさについて

私は以前、九州の病院に勤めており、結婚を機にこちらへ越してきました。職場はとてもアットホームで、中途スタッフである私に対しても手厚くサポートしてくださる、あたたかな雰囲気の中すんなり馴染むことができました。理学療法士というと男性が多いイメージがあるかもしれませんが、私が勤めている本山リハビリテーション病院では女性がとても多いので女性にとっても働きやすい環境だと思います。