HOME | 明倫ヘルスケアグループとは | 先輩の声 | 社会福祉士として働く先輩の声

社会福祉士として働く先輩の声

佐川 絢香AYAKA SAGAWA

新卒6年

社会福祉士 / 地域医療連携室

社会福祉士の仕事

私たち社会福祉士は、宮地病院や本山リハビリテーション病院で、主に入院中の患者さんやご家族に対しての相談業務・退院支援を行っています。病気やけがにより生活が一変してしまった方に対して必要と思われる社会資源の紹介だけでなくときには気持ちに寄り添い、支えます。その方にとって何が最善なのかを考え、療養生活や自宅での暮らしを支えることが難しくもあり、またやりがいでもあります。先生や看護師さんと比べ社会福祉士はご家族とお話する機会が多くあるので、ご家族から感謝の言葉を多くいただけるのも嬉しいですね。

入職までのいきさつ

私は大学の頃から福祉の勉強をしていたのですが、就職活動の際は一般企業への就職も視野に入れていました。一般企業の就職活動を進めていくうちに今まで勉強してきたことを直接活かし、誰かのために働きたいなと強く感じたんです。他にも福祉法人を見たのですが、明倫会は病院だけでなく介護にも携わっているので今後のキャリアを形成していくうえで、広く福祉に関われると思い入職を決意しました。就職先選びで大切なのは、実際に働いている光景を見て自分がそこで働く姿を想像することが大切だと思います。

新人の教育について

入職当初、色んな研修に参加させて頂きました。外部の研修にも積極的に参加し、必要不可欠なスキルを身につけることができたと思います。実は私、社会福祉士の資格を取る為の実習で病院には行けていなかったので、入職前はとても不安でした。この研修と先輩の手厚いサポートもあり、不安を払拭できました。明倫会には様々な職種のスタッフが在籍しているので、自身が目指している職種の先輩が必ず丁寧に教えてくれますから、キャリアアップにはいい環境だと思います。

この職種の採用情報はこちらをご覧ください